バクマン。

公開日:  最終更新日:2018/03/07

佐藤健さんと神木隆之介さんが主演の映画「バクマン。」が10月3日から公開されました。

バクマン。とは?Wikipediaより

高い画力を持った真城最高・文才に長けた秀才である高木秋人を主人公とし、二人の少年コンビが漫画家を目指していく道のり・その活動を描く。物語は連載開始時と同じ2008年から始まるが、話の進行によって現実世界を追い越す様になる。この事に関して大場は単行本16巻のコメントで「常に現代ぐらいに思って読んで頂けると助かります」と述べている。最終巻時点で劇中年月は2018年9月となっている。

『週刊少年ジャンプ』(以下『WJ』)2008年37・38合併号より連載を開始。大場・小畑タッグでの作品は前作『DEATH NOTE』から2年ぶりとなる。連載開始号の巻末コメントで大場は「比較的地味な内容になると思う」と記している。タイトルは小畑の発案で、「漫画の『マン』を入れたかった」との事[1]。連載開始前の仮タイトルとして『ガチマン』とする案もあった。それ以前の仮題は『夢と現実と博打とYシャツとキミ』だった[2]。話数の単位は「○ページ」。サブタイトルは「○○と○○」。

単行本第1巻は15万部以上を売上げ、オリコンチャート初登場4位を記録した。2012年4月時点で単行本の累計発行部数は1300万部を突破している[3]。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%82%AF%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%80%82

公式サイトはこちらから
http://bakuman-movie.com/

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
PAGE TOP ↑